スポンサーリンク

google日本語入力は予測候補が出てきたり、使い勝手が良くてキーボードで文字入力をするときにはとてもお役立ちです。
そのままインストールしてすぐに使うだけでその便利さを実感できますが、もっとスムーズに使い勝手良く使えるためのTipsを自分自身で使ってみながらやってみたことを元にまとめてみました。

スポンサーリンク

google日本語入力で直接入力とひらがなをボタン一つで変換するには?

Windows環境でgoogle日本語入力を使い始めて最初に不便を感じたのが、キーボードで入力文字を変換する時に

ひらがな → 半角英数 → 直接入力

となってしまう点でした。もちろん画面右下の入力モードからマウスで「ひらがな」「直接入力」と選択して入力モードを変更することはできるのですが、毎回入力モードを変える度にキーボードから手を離してマウスに持ち替えて文字モードを表示させて選択して、さらにまたキーボードに戻って文字入力を再開するというのが面倒でたまりませんでした。

半角英数だとスペースキーで変換しなくてはいけないこともあって確実に半角文字を打ちたい時や「@」のような記号を確実に半角で打ちたい時に失敗することがあったのでこれ自体を候補から無くしたいと思いました。

つまり、理想環境として、キーボードで「英数」を押せば「直接入力」に、「ひらがな」を押せば「ひらがな入力」になるという環境にしたいと思ったわけです。

そこで調べてみたところ、google日本語入力の設定からこれを設定することができました

キーボードでひらがなと直接入力にワンタッチで変換する方法

1)google日本語入力のツール>プロパティを開く。
2)たくさんあるタブの中から「一般」タブの下の方にある「キー設定」>「キー設定の選択」の隣りにある「編集」をクリックする。
key
3)「入力キー」の「Eisu」のところでコマンド部分を「IMEを無効化」に変更する。
Eisu
※コマンドのところをクリックすると選択ができます。

これで無事にキーボードだけで入力モードを切り替えることができるようになりました。
もしもスムーズではない切り替えで不便を感じているようでしたらお試しください^^。

google日本語入力で顔文字を入力するには?

文章入力でメールのやり取りやチャットなど、フレンドリーな感じやほっこりした感じを伝えるのにぴったりなのが顔文字ですよね。
google日本語入力には最初から顔文字が登録されています。
顔文字」と入力するとgoogle日本語入力内に登録されている顔文字一覧が出てくるのでここから選んで使うか、もしくは、その顔文字の横にある言葉で呼び出せるのでその言葉で呼び出せば大丈夫です。
nihongonyuryoku
たとえば、「わーい」と入力すれば変換候補に顔文字の種類もたくさん出てきます。

スポンサーリンク

ただ、慣れないうちは自分のが入れたいと思う顔文字が何を入力すれば出てくるのか分からず、顔文字探しの旅が始まってしまうことも・・・。

お気にい入りの顔文字は、自分で「ツール」>「辞書ツール」から何を入力した時にこの顔文字が表示されるように、と登録することができます
でも、これだと一つ一つ登録していかないといけないし不便ですよね。

そこで私が利用させてもらっているのが顔文字辞書を無料配布しているサイトです。
google日本語入力に対応した顔文字辞書をダウンロードして、辞書ツールから読み込むだけで一発でバラエティ豊富な顔文字が登録されます。

おすすめは、顔文字ステーションの配布している「PC版フリック顔文字辞書1」
ジャンル別に変換されるので分かりやすいです。顔文字の独特の言い回しを知らなくても大丈夫なのが分かりやすくていいですよ(≧∀≦)
登録されている数は、各ジャンル41個で合計820個という圧巻の数なのでこれで顔文字が足りないということはありません(^_-)-☆

kao1
kao
参考サイト顔文字ステーション

逆にありすぎて邪魔、この顔文字は使わない!というものがあれば、「辞書ツール」から削除すれば表示されなくなります。

google日本語入力の予測変換をオフにすることはできる?

入力をスムーズにしてくれる予測変換ではありますが、例えば仕事場でも入れていて休憩時間にプライベートな用事でメールなどで使ったりした言葉が出てきたら困る・・・などなど時にはありがた迷惑なシーンもあるでしょう。

残念ながら単語を個別に削除することはできませんが、学習した変換候補を完全に削除する方法(今までの入力履歴からの候補をクリアにする方法)はあります。

現在までの学習履歴をクリアにする方法

1)「ツール」>「プロパティ」を表示する。
2)たくさんあるタブの中から「一般」タブの横にある「辞書」タブをクリックする。
3)「学習履歴のクリア」をクリックする。
これで履歴がクリアになります。

またもう一つの方法としては、履歴から完全に消すのではなく一時的に表示させなくする方法もあります。

一時的に候補を非表示にする方法

1)「ツール」>「プロパティ」を表示する。
2)表示されるタブの中から「プライバシー」のタブをクリックする。
3)「シークレットモード」のところにある、「一時的に学習機能、入力履歴からのサジェスト機能、ユーザー辞書機能を無効にする」のチェックボックスにチェックを入れて適用する。

こうすると一時的に予測変換をオフにすることができます。
書かれてあるとおり、ユーザー辞書機能も一緒にオフになってしまいますのでその点はご注意を!

おわりに

この3つを知っておくだけでも、とっても便利なgoogle日本語入力でさらに快適な入力環境にすることができるのではないでしょうか?
是非お試ししてみてくださいね!

スポンサーリンク