スポンサーリンク

履歴書には送付状(添え状)は必要?
求人に応募する際は、インターネットでエントリーシートの提出を求める企業が増えてきましたが、まだまだ履歴書を人事部へ送る方式が一般的です。
履歴書は自分がどんな人であるのか、その人となりを企業に向けてピーアールする資料のひとつです。今回は履歴書と一緒に送る送付状(添え状)についての書き方と注意ポイント、女子の就職活動時の服装やメイクのアドバイスをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

履歴書には送付状(添え状)は必要?

就職活動をする際には滑り止めも考えて多めの会社にエントリーすることになります。筆者の知人は30社以上の企業に、言われるがままに履歴書のみを送り付けていましたが、これは大変失礼なことになるので注意しましょう。

受け取る側の立場から考えてみましょう。見ず知らずの人から急に履歴書だけが送られてきたら、非常識さを感じてしまいますよね。
ビジネスの世界ではFAXを1枚送るにしても必ず送付状というものがつきます。これと同じで、履歴書を送る時にも必ず送付状(添え状)をつけるようにすべきです。

送付状(添え状)は、その書き方によっては人事担当者への印象づけに役立ったり、関心を誘うこともできます。
基本的な送付状の書き方を見てみましょう。

履歴書の送付状の書き方

就職活動では必ず「添え状」をつけて履歴書を郵送しましょう。

履歴書の送付状の書き方ですが、記載する基本的事項と注意点は以下の通りです。

1、日付(平成○年○月○日)
履歴書と同じ日付(送付する日付)を書きます。

2、会社名と担当者名(部署名)
会社名を書くときには省略せずに正式名称で書きましょう。株式会社を(株)や有限会社を(有)と省略してはいけません。また前株・後ろ株(社名の前に株式会社が来るのか、社名の後に株式会社が来るのか)を間違えないようにしましょう。
「ABC株式会社」なのに、「株式会社ABC」と書いては大変失礼です。ビジネスの世界ではありえないミスになりますのでくれぐれもご注意を!

3、自分の住所、電話番号、名前
郵便番号も忘れずに記載しましょう。また、番地は正式な書き方で書きます。

4、タイトル「貴社の求人(選考)への応募について」など簡潔なもの

スポンサーリンク

5、本文(求人へ応募したい旨)
文章はいきなり用件から入るのではなく、頭語(拝啓)から始まり、続いて時候の挨拶(貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます)が入り、その後に本題である求人に応募したい旨(どのような経由で会社を知り志願する至ったかのいきさつと自己PRを完結にまとめて書く)を書き、同封物である履歴書について触れた上で
挨拶を書き(つきましては履歴書をお送りいたしますので、ご査収くださいますようお願い申し上げます)、最後に結語(敬具)で終わります。

応募に必要な書類が履歴書以外にも複数ある場合は、「以下のものをお送りいたしますのでご査収くださいますようお願い申し上げます」と記入し、以下に「」と書いて、その下に箇条書きで応募書類の内容を書きます。

送付状は、本文が長くなるからと複数枚に渡るといったことにはならないように、1枚にまとまるように簡潔に書きましょう。
あくまで送付状です。自己PR書ではありませんので熱くならないように。

自分なりのフォーマットを準備して、どの企業でも使い回せるようにしておくと複数の会社に応募する際に非常に便利ですし、添え状があるだけでライバルと差をつけられます。
常識のある差別化を図ることは就活ではとても重要なことなので、是非作って活用してみてくださいね。

就職活動で女子のパンツスーツはだめ?メイクと髪型は?

就職活動のリクルートスーツ売り場に行けば分かりやすいですが、服装は黒のスーツ(もしくは濃い目のシンプルなカラー)に真っ白なシャツが定番中の定番ですが、汗ばむ季節になると日々の洗い替えを準備するのは大変ですよね。会社によっては説明会や筆記試験だけの日なら、そこまでかっちりした格好でなくても大丈夫です。
インナーを襟のついていないカットソータイプのものにすると、暑さも軽減できます。

女子の服装でどうすればいいのか悩むのがパンツスーツですが、企業のイメージに合わせてスカートとパンツを使い分けするようにしましょう。
女性が多い企業や、フットワークの軽さや体力が求められる企業では、パンツスーツのほうが活動的な印象を与えられます。

しかし、女性の正装はあくまでもスカートです。最終面接では必ずスカートで行くようにしてくださいね。

メイクは地味なほど好印象と勘違いしがちですが、一番大切なのは顔色をよく見せることです。
そのための必須アイテムは口紅です。但し、いくらその年に流行中だとしても赤リップやミルキーベージュ系の色味は避けましょう。
おすすめは誰にでも似合うコーラル系のピンクです。
はつらつとした印象や若々しい印象を与えられますので、是非手持ちにない場合にはこの機会に一本手に入れてみてください。

身だしなみに関しては、清潔感が一番大切です。
ロングヘアーの人や前髪が長い人はまとめる、靴を磨く(面接の時は特に靴のつま先が汚いと目立ちますし、だらしない印象を面接官に与えてしまいます)、ハンカチやシャツにアイロンをかける、スーツやボタンの糸がほつれていたら切るなど、基本的なことを怠らないようにしましょう。

身なりをピシッと整えれば、自然と自分に自信が生まれるものですよ^^。

まとめ

いかがでしたか?就職活動は社会人への第一歩、社会人であれば当たり前のマナーやルールを知っていく最初の段階といえます。今日の記事があなたの参考になりましたら幸いです♪

スポンサーリンク