スポンサーリンク

二日酔い

年末年始の忘年会や新年会、新入社員や新入生の歓迎会などなど、大学生や社会人ともなれば何かとお酒を飲む機会が増えるものですよね。ついつい飲み過ぎて次の日は二日酔いに悩まされる・・・、なんてことはお酒好きの方なら誰でも一度は経験があるものです。

ツラい二日酔いをなんとかしたい二日酔いにならないためにはどうしたら良いのか
今回は二日酔いをテーマにお伝えしていきます。

スポンサーリンク

二日酔いを覚ますにはどうすればいい?

どんなに気をつけていても自分では避けられず、二日酔いになってしまうこともあるでしょう。
効果的な二日酔いの覚まし方にはどんな方法があるのでしょうか?

まず、お水をたくさん飲むことが大切です。
体内に残ったアルコールによって喉がとても乾くので、それを解消するために必要です。

そして次に、身体を充分に休めることです。

この2つを何度か繰り返すことによって、二日酔いの症状が緩和されます。
また、軽いウォーキングなどの運動をして汗をかくこともおすすめです。汗と一緒にアルコールを体外に排出することができます。
その他にも、熱めのお風呂に入ったり、部屋の換気をして新鮮な空気を吸ったり、なども効果的です。

二日酔いに効果的な食べ物、飲み物は?

では次に、二日酔い解消の助けとなる食べ物、飲み物をご紹介します。食べたり飲んだりできるようでしたら、これからご紹介する食品を試してみてください。

野菜、果物

アルコールを摂ると、失われてしまうのがビタミンミネラルです。新鮮な野菜や果物を食べて、これらを補いましょう。おすすめはビタミンBを多く含むトマトやオレンジです。吐き気の症状がある場合にはリンゴ、バナナを食べてみてください。

お茶

二日酔いの時にコーヒーなど、カフェインを多く含む飲み物はオススメできません。飲むのであればお茶を飲みましょう。

スポーツドリンク

失われた水分とミネラル補給に最適です。

サプリメント

二日酔いは肝臓に負担をかける行為です。ということはつまり、酷使している肝臓に対して作用する成分として知られるオルチニンを含有する食べ物を摂取すると良いというお話は聞いたことがあるのではないでしょうか?

オルチニンを含有する食べ物の代表は、シジミやアサリです。とはいえ、こればかりをいつも食べ続けるというのは現実には難しい話です。栄養バランスは偏りなくとらなくてはいけないですし、同じものばかり食べていては飽きてしまうもの。

そこでサプリメントを上手に活用するというのもひとつの方法となるわけです。

しじみ系サプリメントとしては、株式会社リアルメイトが明治15年に発売した老舗のサプリメントが有名です。会社自体、薬剤師が立ち上げており、特に口に入れるものということで「安全性」が気になるという方には安心感があり、リピーターも多いとのこと。

二日酔いに悩まされているのであれば、お試しキャンペーン中なので、上手に利用するというのもひとつの手です。

yajigreen
Wのオルニチン
⇒しじみサプリメントの詳細はこちら

酒は飲んでも飲まれるな、酔わない飲み方と二日酔いの予防方法!

さて、二日酔い対策をご紹介しましたが、やっぱり二日酔いにならないことが一番です。
飲み方を少し工夫したり、飲む前や飲んでいる最中に少し工夫するだけで二日酔いをなくしたり、軽減させる事ができますので、是非、お試しください。

まず、飲む前に注意したいことがいくつかあります。

・空腹状態での飲酒は避ける
・飲酒前に薬を飲む

特に薬を飲んでの飲酒は絶対に避けましょう。薬の成分によっては、二日酔いと同じ症状を引き起こしたり、肝臓を損傷したり、最悪の場合は死に至るような重篤な事態を招きます。

飲酒中にできる二日酔い予防の一つ目は、チェイサーを飲んだり、お茶や水で割ることです。アルコールによって失われる水分を飲酒中から意識して摂取することで二日酔いを予防できます。

二つ目はナッツ類など脂肪を多く含む食品を取ることです。脂肪には血中アルコール濃度を下げる働きがありますので、おすすめです。

三つ目は、しじみやあさりなどの魚貝類を食べることです。アラニンやタウリンなど、アルコールの分解を早めてくれる栄養素を多く含んでいますので、飲酒中に摂ることで二日酔い予防になります。
また、ごまに含まれていることで有名なセサミンを効果的です。ごまだれやごまドレッシングなどが使われているメニューを積極的に選ぶと良いでしょう。

また、二日酔いになりやすいお酒、なりにくいお酒があります。これをきちんと知っておき、当日の自分のコンディションを考えながらチョイスするというのも一つの手段です。

醸造酒よりは蒸留酒、安いお酒よりは高いお酒の方が二日酔いになりにくいと言われています。
例えば、日本酒より焼酎の方が二日酔いになりにくいです。また、不純物が多いお酒は二日酔いになりやすいので、選ぶ際には気をつけるようにしましょう。


スポンサーリンク

さいごに

二日酔い予防と二日酔いにならないためのコツについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
望む望まずを問わず、お付き合いとしてお酒を飲む機会は今後もあるでしょう。
しっかりと楽しむときは楽しんで同僚や上司、お客様との楽しい時間を満喫しながら、二日酔いにならないように上手に対処しつつ、忙しくてもスマートに過ごせる社会人となりたいものです。
是非、ここで紹介した二日酔い予防方法を実践してみてくださいね。

スポンサーリンク