田中邦衛の現在2021年死亡 息子娘はNHKアナウンサーで学歴は?

「北の国から」で日本人の誰もが知る名優の田中邦衛さん

最近はテレビでそのお姿を見ることもほとんどありませんでしたが、2021年3月24日に老衰のため亡くなられました。

子供の頃に見た「北の国から」の記憶があまりにも鮮明に残っているので、いつまでも黒板五郎役の見た目のまま存在していらっしゃるかのようなイメージでした。

それだけに訃報には、本当にビックリすると同時に寂しい気持ちになりました。

田中邦衛さんのプライベートは、ほとんど知らなかったのですが、実は凄いキャリアを持つ優秀な子供がいます。

この記事では、田中邦衛さんの息子・娘、子供についてご紹介します。

目次

田中邦衛の息子・娘といえば「北の国から」の吉岡秀隆・中嶋朋子

田中邦衛さんの訃報には本当に衝撃を受けました。

田中邦衛さんといえば、代表作はなんといっても、1981年から放送されたドラマ『北の国から』シリーズ

ドラマスペシャルとして2002年まで放送されたことで、約30年間、黒板五郎を演じきりました。

ドラマの中では、成長していく2人の子供たちを温かく見守る父親の姿は本当に迫真に迫るのがありました。

30年も続いたドラマだけに、視聴者の立場から見ると、もはや

「田中邦衛さん=黒板五郎」

で、まるでリアリティ番組を見ているかのように錯覚してしまうほどでした。

演技がリアルだった!というわけですが・・・。

それだけ印象深いので、田中邦衛さんの息子、娘といえば「北の国から」の吉岡秀隆(よしおかひでたか)さんや、中嶋朋子(なかじまともこ)さんがまず最初に頭に浮かびます。

でも、実は田中邦衛さんの子供は2人いて、「息子・娘」ではなく、「長女・次女」です。

田中邦衛の娘(長女)田中淳子の経歴がすごかった


田中邦衛さんの娘である長女の田中淳子さんは、2020年にNHKの広報局長に就任したことがマスコミに報じられて大注目を集めました。

田中淳子(たなか じゅんこ)のプロフィール

生年月日:1964年7月15日
年齢:56歳(2021年4月時点)
出身地:東京都
出身大学:上智大学外国語学部英語学科

田中淳子さんは、高校時代に1年間アメリカに留学、上智大学に進学後、大学時代にもジョージタウン大学に留学しています。

大学卒業後は、1988年にNHKには記者として入社、静岡放送局での勤務を経てワシントン支局特派員として海外派遣されました。

2006年にはNHK初の女性海外支局長としてシドニー市局長、2013年にはワシントン支局長となり、2016年からは NHK BS1の「国際報道」のメインキャスターを務めるという超エリート街道を歩みます。

そして2020年4月にNHK広報局長に就任しました。

「俳優田中邦衛(87)の長女」として、NHK広報局長就任のニュースは、各局のマスコミが大きく取り上げていました。

田中邦衛さんもニュースを見ながら、胸が熱くなったんじゃないかなと思います。

田中邦衛さんの次女は、一般のお仕事をされているそうで、一般人のため詳細は公表されていません。

生前、田中邦衛さんは家族について、

「オレって、本当に恵まれていると思いますよ。妻と二人の子供に恵まれて、こんな顔して、役者で飯を食わせてもらってるんだから、オレ、本当にラッキーですよ」
引用:http://kuniken.for.cx/oldkuniken/kuniken2003/siryou_hujin01.html

と語られ、家族に対する愛情を示していました。

田中邦衛「北の国から」追悼番組放送はいつ?


ドラマ舞台となった北海道の富良野が脚光を浴び、海外観光客も押し寄せるほど、大きな影響力を持ったドラマ「北の国から」。

フジテレビで約30年間に渡って放送された作品だけに、ドラマの追悼番組として再放送を熱望する声も上がっているようです。

子供の頃に「北の国から」を見た人は、当時、息子や娘に感情移入してドラマを見ていたかと思います。

年月を経て、今改めて見ると、田中邦衛さん演じた「父さん」の気持ちが胸にしみて感じられるんじゃないかなと思います。

↓↓↓
明日、4月3日に、フジテレビで21時から23時10分まで、追悼番組『北の国から’87初恋』が放送されることが決まりました。

さいごに

すごく個性のある素敵な俳優さんだった田中邦衛さん。

田中邦衛さんが残した名作の数々は、永遠に人々の心に受け継がれることでしょう。

心よりご冥福をお祈りします。

シェアはこちらから♪
目次
閉じる