スポンサーリンク

花粉症で悩む方はたくさんいらっしゃると思います。事実、日本では毎年花粉症患者さんが増加しているそうです。
一度発症すると、鼻水や鼻詰まり、目の痒みなどと戦わなくてはいけませんよね。
これらの症状の他に頭痛にも悩まされている、という方も少なくないのではないでしょうか?
今回は、花粉症の頭痛について頭痛がひどくなる原因や和らげる方法、予防するための普段の過ごし方などをまとめました。

スポンサーリンク

花粉症で頭痛がひどくなるのはなぜ?

花粉症の主な症状といえば、鼻水、鼻詰まり、目の痒みですが、頭痛に悩まされている方も少なくありません

そもそも花粉症とは、植物の花粉が目や花の粘膜に付着するすることで起こるアレルギー反応なのですが、なぜ目や鼻に関係のない頭が痛くなるのかご存知でしょうか?

頭痛の原因はです。花粉症のアレルギー症状により鼻詰まりが起きてしまい、呼吸がしづらくなるために脳に供給される酸素が少なくなることが頭痛の原因です。慢性的な酸素不足となり、頭が重苦しい症状が続くことになります。

また、鼻水が副鼻腔にたまり炎症を起こすことによって引き起こされる頭痛もあります。これは副鼻腔炎といい、鼻腔と副鼻腔の間の通り道で炎症が起き、道を塞いでしまうことで空気圧の差が生じ頭痛になるのです。
そして、副鼻腔炎が長引くと蓄膿症となりますので注意が必要です。

花粉症の頭痛を和らげる方法はある?

さて、花粉症の頭痛の原因が鼻だということはおわかりいただけたと思います。
では、次に頭痛を緩和させる方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

まずひとつ目の方法は、鼻を温めることです。鼻を暖めることによって血流が良くなり腫れが引いたり、アレルギー反応が軽減します。5分位を目安に、温めたハンカチなどで鼻を覆い、鼻をかむことで頭痛が軽減されます。

二つ目の方法は湯気など、熱い蒸気を鼻から吸い込むことです。これも、ひとつ目の方法と同じく鼻を暖める効果があります。ただ、熱い蒸気を勢い良く吸い込むとむせてしまったり、火傷をする可能性もありますので、鼻に近づけすぎず、ゆっくりと吸い込むようにしましょう。

スポンサーリンク

また、就寝時に是非試していただきたい方法があります。腰から頭にかけて徐々に高くなるようにタオルケットやバスタオルを畳んで敷き、詰まっている方の鼻の穴を上にして寝るというものです。リクライニング付きのベッドであれば少し高くするだけで同様の効果がありますので、お試しください。

これらの方法はいずれも鼻詰まりを解消するためのものですので、頭痛はなくても鼻詰まりをなんとかしたいとお悩みの方にもおすすめです。

花粉症の頭痛を予防するには普段からどうすればいい?

花粉症が原因となっている頭痛は緩和させることはできても完治させるのはとても難しいです。というのも、現代の医学では花粉症を完全に治すことが困難なので、花粉症によって引き起こされる頭痛を治すこともまた困難だといえるのです。
一番の予防法は、やはり花粉症にならないことです。

今まで発症していない方でも、花粉を吸い込み続けていればいつか発症してしまう可能性があります。そうならないためには、身の回りから可能な限り花粉を除去しなくてはいけません。

外出した後、家に入る前に衣服を叩いて花粉を落とす、洗濯物は室内に干す、常にマスクを着用する、など少し気を付けるだけで花粉症の発症を予防できますし、すでに発症している場合も症状を緩和させることができます。

また、食生活や生活習慣を整えることでも症状の緩和、発症予防になります。
たとえば、サンマ、サバなどの青魚、ヨーグルトなどの乳製品、納豆や酒粕などの発酵食品、大根やカブなどの根菜類、これらの食品は花粉症に良いとされていますので積極的に摂ると良いでしょう。反対に、よくないとされる食品は高タンパクなもの、高脂質なもの、アルコールなどですので、なるべく控えめにしましょう。

また、規則正しい生活を心がけることで、免疫力を高めることも非常に重要です。免疫力が高くなれば、発症する可能性は低くなりますし、すでに発症している場合でも副鼻腔炎や蓄膿症を併発しにくくなります。

アトピー訴求

まとめ

花粉症の頭痛についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
花粉症は一度発症すると、治すのが難しく、鼻水や鼻詰まり、頭痛などの症状がとても厄介ですよね><。
少しでも緩和させるために、今回ご紹介した方法を参考にしていただけたら、と思います。

スポンサーリンク